方位学

九星気学を長く勉強され、深く追求されていながら方位のとり方が曖昧な方がおられます。

東西南北と四隅の境界の取り方の諸説、真北・磁北・座標北の見方も学びます。家相の方位、移転方位の相違もあります、地図の見方と家相の方位の見方も異なります。

※方位とは何なのかその基準は何かを研鑽しましょう※

南北は、ある程度理解されても、東西の見方が判らない方、疑問に思われている方、方位の取り方を一緒に勉強しましょう。

大阪から見てハワイは「東」ですが、ハワイから大阪を見れば「西北西」です。

しかし、ハワイは東ではない、イタリアが西と公共の放送で公言している風水師がおられ、国として的確な明言をされていないことを残念に思います。

太陽の昇る方向は東と見てよいが、四季によって方位角度が変るのを如何に判断すべきか、風水とは何か等を学びましょう。

講師紹介

 のせ しんかん

能勢 眞觀

西日本易学院 会長

人相学の権威八木喜三朗先生の高弟にあたる茅岡日出男先生に師 事し、運命学を学び八木觀相塾師範の許状を授与。家相から四柱推命、易学など幅広い占術を修得。特に約40年の設計・建築業の経験からくる家相判断には定 評がある。眞觀鑑定教室として開講し西日本易学院に改名、門下生多数輩出。

平成26年10月会長就任

 

占術法

方位分解 

講義内容

北には、真北・磁北・座標北があり、偏角度は絶えず変化しています。
九星気学・家相を勉強されたが、正しい方位の取り方が解らない方、これから気学・家相を勉強される方を対象に地図の見方、建築図面の見方、磁石の扱い方等を指導します。

方位・方針等は本来曖昧なものであってはならないものですが、運命学の各流派によっては、方位の取り方にかなりの違いがあります。この違いによって、吉方位と家相の方位の取り方が変ります。

風水師で、日の出方位を東とされる流派の方は、四季の変化による方位を如何に対応されているのか、ザ・ホーイとは何を示すか等も学びます。

気学を学んでおられない方の為に、九星の簡単な説明と吉方位の取り方の説明も致します。

家相クラスにて、正しい方位の見方、地図や図面の方位のとり方を学んでいます。このクラスは家相・気学にとらわれない方位の見方に重点をおいています。

入会金

[基本] 20,000円

※入会金は、1回の納付で複数科目の受講が出来ます。
※休講期間が2年以内の方は、入会金が免除されます。

受講料

[月謝] 10,800円 ( 1回 2時間 )     [期間] 4月~6月(3ヶ月)

開催日

 現在、「現代家相と方位」で行っています。詳しくは、

 http://ekisendo.b-smile.jp/user_data/houi_kasou.php

講義の様子

 

 

Copyright (C) 2010 NISHINIHON EKIGAKUIN All rights reserved.